toggle
おやこの絆やコミュニケーションを深めることができる講座・教室を開講しています。

団体概要

おやとこらいぶねっと団体概要

 

おやとこらいぶねっと(一般社団法人化予定)

~子育て中の母親が自分にハナマルを付けられる社会へ~

 

理念

子どもから「お母さんから産まれて良かった!」と言われる親子関係を作り未成年の事件・家族間の事件をなくす社会をつくる。

 

目的

  1. 子育て中の母親が自分にハナマルをつけられる地域(社会)を目指します。
  2. 母親(父親)のキャリアや知識、経験を披露する場を提供します。
  3. 母親(父親)の学びの場や情報交換の場を目指します。
  4. 地場産業から商品を開発し、子育て中の母親の就労支援を目指します。
  5. 人と人がつながり合いのある社会を目指します。

 

できること

 

子育て中の母親をサポートし、今まで培ってきたキャリアや知識を生かせる場を提供します。

  • 結婚(出産)するまで、手に職をつけ、専門分野で働いていた女性が多い。子育て中のさなかでも、 資格取得する女性もいる。しかし、子育てを経て社会復帰に躊躇してしまう女性がいる。
    (ベビーマッサージ、足育、お金(保険)、漁師、裁縫、エクササイズ、カラーボトル、ヨガ、 ストレッチ、エアロビクス、絵、歌、着物、メイク、保育士、看護師など)
  • 自信が持てない、集客や情報発信力がないなど、苦労する。 妊娠出産の期間、社会との繋がりが遠のいていると、新しい一歩を踏み出すことに躊躇してしまいがち。
    私たちは、母親(父親)の新しい一歩と応援、お手伝いします。

学びの場を提供します

  • 乳幼児期からのスキンシップ・ふれあい・遊びなどの共同作業体験を通して親子の関わりを増やします。
    講師育成:ベビーマッサージ、音あそびリトミック、こどもアトリエ 各分野の講師を育成。
  • 私たちはどんな講座がどこで学ぶことが出来るかの情報発信をします。
  • 時代のニーズに合った、情報を提供し、共有できる場を提供します。
    母親と子どもに特化した防災講座

 

地場産業から商品を開発し、子育て中の母親の就労支援を目指します。

  • 泉州タオル(B品・商品にならない素材など)を使用したベビードール、乳幼児の発達に合わせたタオルおもちゃの開発をし、その制作を子育て中の母親にしてもらう。
  • 泉州タオル(B品)を使用した「防災ずきん」「防災ポーチ」

 

人と人とのつながり、愛のある地域を目指します。

  • 『赤ちゃんの登校日』と題して、小学校、中学校、高校、大学、年齢に応じて愛のある授業をします。
    母親と赤ちゃんがお仕事として学校に行き授業を行う。

 

継続できる仕組みを作ります。

  • 行政や企業と協力し、より良いものを提供できるように努めます。

 

組織図

おやとこらいぶねっと組織図